広告・出版業界の仕事

仕事wiki

広告・出版業界の仕事

広告業界とは、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、ラジオ、インターネットなどの広告媒体の企画・制作などに携わる業界のことです。また出版業界とは、新聞や雑誌、書籍など紙に印刷した「出版物」を取り扱う業界のことです。 

広告営業は、出版している媒体の広告スペースを売るのが仕事です。クライアントのニーズをヒアリングし、どの媒体でどう表現し、どのようにPRするかを考え、広告主に合ったものを提案します。また、実際に紙面を制...

企画営業は、自社で取り扱っているサービスに関連した付加価値をつけて、クライアントのニーズに最適な企画を提案するのが仕事です。広告を掲載するスペースを仕入れ、掲載するのが仕事ですが、クライアントのニーズ...

クリエイティブディレクターは企画から制作過程のすべてにおける総責任者です。テレビCMや雑誌広告、各種イベント等を通して、商品やサービス、企業イメージなどを消費者にアピールするキャンペーンをしかけるのが...

アートディレクターは、視覚的な表現の責任者で「AD」と呼ばれます。サービスのコンセプトをもとに、デザインコンセプトを決めたらデザイナーやカメラマンなどに伝え、ビジュアルイメージを作ります。1つの作品に...

グラフィックデザイナーは、ポスター、広告、新聞、パッケージ、CDジャケット、名刺など、主に印刷物のデザインを手がけるデザイナーのことです。アートディレクターなどから伝えられた企画やテーマをもとに、文字...

DTPとはデスクトップパブリッシングの略語で、パソコンを使って紙面のデザインやレイアウトを行うことをいいます。DTPオペレーターは、デザイナーやアートディレクターの指示に従って、デザインやレイアウト...

エディトリアルデザイナーは、編集者等の指示を受けて、書籍、雑誌、新聞、カタログ、マンガ、フリーペーパー、各種マニュアル本といった印刷物を、デザイン的に美しく、かつ読みやすいように編集するのが仕事で...

イラストレーターは、企業や商品のイメージ、キャッチフレーズ、記事や小説の内容などをイラストで視覚化するのが仕事です。フリーランスで働く人が多く、広告制作会社やデザイン事務所にいて、デザイナーとしてイラ...

エディター(編集者)は、本や雑誌の企画、編集から取材までをこなす本作りのプロフェッショナルです。仕事内容は多岐にわたり、まずは企画の立案、具体化したらライターやカメラマン、イラストレーターに原稿の執筆...

校正者(校閲者)とは本や雑誌などの印刷物を作る課程で、誤字、脱字、用語の間違いなどの訂正を専門とする仕事です。出版業界では地味な存在ですが、校正者の知識と技術が本や雑誌の信頼を支えている大切な業務で...

プロダクトデザイナーは、家電、自動車、飛行機、医療機器などの工業製品から家具や食器、パッケージなどのデザインするのが仕事です。新製品の開発の仕事が多く、メーカーの開発担当者と相談しながら、最適な..

広告や出版の制作における制作進行(管理)は、制作がスムーズに進むような制作のスケジューリングや進捗管理などを行います。広告制作や出版に関わる仕事は、少数精鋭で行われることがほとんどですので、スケジュー...

コピーライターは、電車の中吊りや駅貼りのポスター、新聞や雑誌の広告からテレビ、ラジオCMまで、あらゆる広告のキャッチコピーを考えるのが仕事です。コピーライターは、広告代理店や広告制作会社などに勤めてい...

ライターは、出版社から依頼を受けテーマに基づいて取材や資料収集を行い、記事を書いていく、あるいは自ら企画して取材・執筆などをすることが仕事です。インターネットの普及により、紙媒体だけでなく、Web媒体...

商品企画(商品プランナー)の仕事は、まずアイディア出しからはじまります。アイディアを形にするには、市場調査や分析は必須であるため、マーケティングと同じ機能を持たせる企業もあります。商品企画は、アイディ...

気になったお仕事はボタンひとつで
ひとまずキープ!!

後でまとめて応募できます

キープ画面へ

履歴書&職務経歴書ダウンロード

こちらからお仕事探しに便利な履歴書&職務経歴書のデータをダウンロードできます!

  • 仕事wiki
  • 転職活動完全マニュアル