金融・保険業界の仕事

仕事wiki

金融・保険業界の仕事

金融業界とは、銀行・証券・保険(生命保険・損害保険)、投資銀行、不動産ファイナンス、リース、金融サービス業など、業態は様々で幅が広い市場です。かつては保守的なイメージのあった金融企業ですが、規制緩和の影響などもあり、人材の流動化も活発になってきました。そのため、かつてはなかなか難しかった未経験からのスタートや、ブランクからの再帰も可能になってきています。

メガバンクや地方銀行における法人営業は、企業を対象にした大口の預金や融資・投資の営業が主な業務となり...

リテール営業は、メガバンク、証券会社、生命保険会社などで個人に対して営業活動を行うのが仕事です。具体的には、銀行・証券・保険などの業種によって業務内容は異なりますが、専門家として個人投資家のニーズや資...

金融、証券、保険といったお金を動かす業界の中でも、特に直接資産の管理、活用、運用をプランニングしたりアドバイスを行う専門職の人を総称して「金融スペシャリスト」と呼びます。金融スペシャリストには...

金融事務は、銀行・生命保険・証券など金融業界において金融サービス業務にまつわる事務業務全般を担当します。窓口業務、融資関連業務、出納業務、株価照会、ファイリング、データ入力、書類チェック、契約書作成...

コンプライアンスは、法令を遵守した形で事業活動が行えるように、社内マニュアルの作成、社内研修、関連法...

リスク管理の仕事は、基本的には状況に応じて資産の現金比率をコントロールすることや、銘柄分散することなどです。資産運用においては、収益を求めることと、リスク管理をすることが重要業務となっています。金融機...

生命保険の仕事は、主に顧客のニーズに合った生命保険の商品を提案し、販売することです。生命保険見直しの相談、新商品の紹介も行います。契約までではなく、契約後のアフターサービスも重要な仕事です。また、契約...

投資銀行での業務は「インベスメントバンク」とも呼ばれ、企業の株式・債券の引き受け業務を中心に、それに関連する企業の財務に関するアドバイス(M&A=企業の合併・買収斡旋を含む)を行うことです。これに加えて証券流通市場...

証券外務員は、証券会社や銀行、信託、生損保などあらゆる金融関連業界で、有価証券(株券、債券、証券投資信託の受益証券等)の売買や媒介、代理、募集、委託などの証券業務を行うのが仕事です。証券外務員は、投資...

銀行員は、銀行の支店にて「預金」「貸出し」「為替」の業務が主な仕事です。銀行の支店では支店長を中心にさまざまな役職の銀行員が支店の運営管理と業務活動を行っています。銀行員には、預金テラー、為替テラーな...

銀行事務とは、都市銀行や地方銀行でお客様の預金、貸付、為替などに関する業務を行う仕事です。具体的には、銀行窓口での普通預金や定期預金などの受付、入出金処理、バックオフィス等でのデータ入力、申込手続書類...

FP(ファイナンシャルプランナー)は、お金全般に関する相談を受けるのが仕事です。家族構成、収入や支出...

金融業会でのバックオフィスの仕事は、主に銀行や証券会社、信託銀行、投資顧問会社などの金融機関において...

証券アナリスト・ディーラー(投資信託)は、主に投資信託会社で活躍する職種です。投資信託会社は運用会社とも呼ばれ、投資家から集めた資産を元に運用チーム(ファンド)を設計し、資産運用を行います...

気になったお仕事はボタンひとつで
ひとまずキープ!!

後でまとめて応募できます

キープ画面へ

履歴書&職務経歴書ダウンロード

こちらからお仕事探しに便利な履歴書&職務経歴書のデータをダウンロードできます!

  • 仕事wiki
  • 転職活動完全マニュアル